素敵な彼女を見つけませんか?

出会いの機会を作り理想の彼女と付き合いましょう。

 会ってから付き合うまで


 エクシオの婚活パーティーで無事にカップルになって電話番号などの連絡先を聞くことまで成功したら次は付き合うまで進むだけです。付き合うまでのステップは人それぞれですが、成功しやすい方法をご紹介します。








■ 会った当日には次のデートの約束をしない


 どうしても、『 好き 』とか、『 この人と付き合いたい 』と思うと焦って次の約束をしようとしてしまいがちですが、これは逆効果であることが多いです。会ったときにしなければならないことは相手がどんな趣味や、休日はどこに出かけることが多いのか、今何にはまっていて、どんな場所に出かけてみたいと思っているかを聞き出すことが大切です。まず相手のことをよく観察して、よく知るようにしましょう。



■ 初めて会ってから2日間は連絡を取らない


 初めて会った日は必ずお礼のメールをしましょう。しかし、その後2日間は連絡を取らないようにすると効果的です。それはなぜか。相手も初めて会った後は自分はどう思われていたか、気になるものです。そのときに連絡がないと嫌われたのだろうかとか連絡来ないかなとあなたからの連絡を待つようになります。そこで初めて会ったときに会話に出てきた場所にデートに誘います。すると、連絡がきたうれしさ、覚えてくれたうれしさ、があふれデートの誘いにOKしてくれることでしょう。



■ 告白する前に手をつなぐ


 告白前に手をつなぐ理由は2つあります。1つ目は、告白が成功しそうか確認することができます。手をつないだときの相手の反応をよ~くみておきましょう。ここで反応がいまひとつであれば手を引くのもありです。2つ目は、有名な『恋のつり橋効果』を引き出すためです。男女が2人でつり橋を渡ると、高いところで感じるドキドキを、好きだからドキドキ感じると勘違いするのです。それを利用します。誰もが手をつながれるとドキドキするものです。そのドキドキがあなたのことが好きだからドキドキしてると感じるのです。



■ 告白する場所と言葉を決めておく


 告白する場所と言葉はあらかじめ決めておきましょう。告白する場所としてはレストランや景色の綺麗な展望台や公園などが良いでしょう。相手の好みを調べてから決めましょう。言葉は自分の気持ちをストレートに伝えましょう。



   告白の言葉の例

「○○のこと好きだよ。俺の彼女になってほしい」
「明日からは彼氏として隣にいさせてくれないかな?」
「○○さんがすきです。付き合ってください」
「来年の今日も一緒に過ごそう(一緒に○○見に来よう)。付き合おう。」
「一緒にいると楽しい。色々な場所に行って君と一緒に過ごしたい。付き合ってください。」