プロフィールカードの書き方

 エクシオ の婚活パーティーのプロフィールカードを例に書き方を見ていきます。(写真を参考)婚活パーティーの受付を済ませると、プロフィールカードが手渡されます。氏名・年齢・出身地・趣味やカップルになったら行きたい場所など計30個くらいの項目に記入します。 プロフィールカードを交換して女性と話をする形になります。なるべく詳しく記入すると良いでしょう。(ただし個人情報で書きたくないものは書かなくても大丈夫です)  共通の話題(趣味や出身地など)で盛り上がることができます。できるだけ丁寧に書くように心がけましょう。女性は文字の綺麗さもよく見ています。



■ 婚活パーティーのプロフィールカード

■ 婚活パーティーのプロフィールカード


どの点に注意して比較検討すべきか

■ 1つ目は会員数です。

 会員数は見るときは全体の人数ではなくて、自分か通うことになる店舗、またはその周辺の店舗の人数が大切になります。実際に何人の中から女性を紹介してくれるかによって自分の理想の人と出会える確率が変わります。必ず、入会する前に会員数を確認しましょう。

■ 2つ目はサービス内容です。

 ほぼ全ての結婚相談所は専任のカウンセラーやアドバイザーがついて婚活の相談に乗ってくれます。そのアドバイザーの方が親身になって色々と話ができることで婚活の成功への道が見えてきます。

 ポイントはアドバイザーが何人の会員を担当しているか聞くことです。無論、少人数の会員の担当をしているとサポートは手厚くなりますし、逆に大人数の会員担当している結婚相談所はサポートが受けにくくなります。最初に結婚相談所を訪れたときに確認したいところです。

■ 3つ目は料金です。

 前のページにも書きましたが、結婚相談所の料金は決して安くありません。必ず資料請求したり、入会前の相談にのってもらうことにしましょう。そんな結婚相談所ですが会社によって料金プランが違ったり、20代限定のプランは少しリーズナブルな価格設定になっています。また、プレミアム会員のような特別なプランもあるのでよく比較して決めましょう。

  コチラから一括して数社の無料資料請求できるので利用するといいと思います。入会は慎重に。